2014年1月7日(現地時間)、フランス・パリ中心部にある風刺専門の週刊紙「シャルリ・エブド」の本社で、覆面をした3人の男が銃を乱射し、編集者、警官、著名な風刺画家などを含め、合計12人を殺害した。

20150108

 「シャルリ・エブド」は4年前、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したため、今回のテロはイスラム教をめぐる風刺画への報復との見方が出ている。

 この事件に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
スポンサーリンク
游戏小号
恐ろしいな。

纸鸢
毎日悲劇が起きちゃうんだ。今の生活を大切にしよう!

照莲池
こんな人がいる。彼らは、君たちを叩くことができる。仏像を破壊することができる。しかし、君たちが彼らを批判することは絶対許されない。言ったら差別だ。言ったら攻撃だ。言われたら命がけで反撃する。

古猿望星
こんな人がいる。彼らは論争しない。少しだけ「侮辱」を感じたら、彼らは反論せず直接に君を殺すんだ。ただ、問題なのは、君が生きていること自体が、彼らにとっては侮辱だ。

一生何求
テロリストは全世界の公敵だ!

--小张
世界中の国々や人々は手を組んで協力してテロに対抗するべきだ!

巴布
テロリストは絶対許せない。異なる文化の融合、尊重も必要だ。

The daughter of sea.
人はみんな平等だ。お互いに尊重し合おう!


民族間では尊重し合い、愛し合い、平和に付き合うべきだ。

喜闻乐见
各国は反省しなければならない。

灰太狼
西側諸国の政治家は彼ら自身の政策に代価を払った!ただ、ひどい目に遭ったのは一般国民のほうだ。

修福
フランスから帰国したばかり。フランスは確かに治安が非常に悪い!

Z.C.M
欧米はある人たちの言ってる天国ではなさそうだな。

人生七味
挑発行為はひどい相手に遭ったな。好き勝手に書きやがる記者らは死んでもかまわない。全部こいつらのせいだ。

业务往来
死ぬべきだとしか言えない。人の信仰を知ってるのにバカな記事を書くなんて、罠があるのを知ってるのに自ら飛び込むのと同じだ。いじっても良い人もいれば、いじってはいけない人もいる。理由は簡単だ。なぜ他の人じゃなくお前だけを殺したんだ?!

heaven
バカなことをやらなければ死なないよ。命に対して大切にしなきゃいけないが、話題作りのため人の宗教を軽んじる行為に対しては同情する価値がない。軽蔑する!

紫色沸点
この新聞社、終わっちゃったな。でもなぜか「ざまあ見ろ」という感じがする。相手が過激派だと知ってるのに挑発しちゃって、命より金だ。

深圳-雷纯
言論の自由???なんで殺人犯や強姦犯に対して叩かなかった??新聞社のほうがやりすぎだ!つけが回ってきた!

№①雪狐唲♀
なんで人の宗教を踏みにじるんだ?お前らは自由を求めても良い。ただ、人の信仰をバカにするな。多くの欧米人は自分自身の信仰が正しいと思ってる。自分自身の理念が進んでると思ってる。俺様がナンバーワンだ。お前ら中東やらアジアやら、俺様の言うことを聞け、という感じだ!どうだ?代価が大きかったな!
高永飞(Re)
この新聞社はキリスト教に対しても風刺画をよく掲載したりしてるんだよ。キリスト教徒はなんで人を殺さない?
大猪蹄(Re)
命を踏みにじる行為は逆に無視される?命って、中国では本当にそんなに軽いものなの?



★まとめ
 宗教を踏みにじる行為だから死ぬべきだというふうな書き込みが少なくないが、風刺画を掲載したから命を奪われるべきだという考え方は適切だろうか。次元の違う話だと思う。命はとてもとても大切なものである。「死ぬべき」という言葉は軽い気持ちで言ってはいけない。