燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

日本の話題

 埼玉県日高市にある曼珠沙華の里「巾着田」で、曼珠沙華の満開を迎えている。毎年9月中旬から下旬、曼珠沙華群生地は辺り一面が真紅に染まり、まるで赤い絨毯を敷き詰めたようである。

20150923_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「日本零距离」は巾着田の曼珠沙華の話題をシェアした。それに対して、weiboユーザーの反応をまとめた。
引用元:新浪微博日本零距离
続きを読む

 2015年9月19日未明、安全保障関連法は、参議院本会議で自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で、148票対90票で可決され、成立した。

20150919

 中国の大手メディア「騰訊」は安保法案の概要や審議の流れなどを報道し、最後に、「安保法案が可決されれば、すべてが変わる。日本は、自国が攻撃されたとき反撃して自衛するだけではなく、誰にも侵犯されない場合にも手を出すことが許された。自ら出動し仲間を支援することまで許された。要するに、自衛隊は地域制限を受けずに、地球範囲内を駆け回ることが可能になった。日本の平和憲法は死に直面する」と意見を表明した。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2015年9月5日と9月8日、福島県の東北サファリパークで、二羽のペンギンの赤ちゃんが生まれた。つい最近、赤ちゃんたちの名前が決まった。一羽目は「相葉」、二羽目は「松本」である。

20150918_02

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「秋田六千」はこの話題をシェアし、「これから生まれる赤ちゃんの名前も分かった」と投稿した。それに対して、多くのweiboユーザーからコメントが集まっている。
引用元:新浪微博秋田六千 続きを読む

 2015年9月14日、世界3大ミスコンテスト(ミス・ワールドミス・ユニバースミス・インターナショナル)の中で最も歴史が長い「ミス・ワールド」の日本代表最終選考会が東京都内で開かれ、モデルで大学生の中川知香さんがグランプリを受賞し、ミス・ワールド2015日本代表に選ばれた。

20150916_01

 22歳の中川知香さんは身長173センチで、特技は書道とバスケットボールである。今回の受賞について、中川さんは「いつもは悔し涙ばかり。うれしくて泣いたのは今日が初めてです」と喜びを語った。最終選考会に出場した32名のファイナリストは、応募総数6820人から選ばれたそうだ。

 ミス・ワールド2015世界大会は、11月20日から12月19日まで、中国の海南島で開催される予定である。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 「うら」ちゃんは、真っ白で可愛い立ち耳スコティッシュフォールドの女の子である。Twitterアカウントや猫ブログも開設され、ネット上の人気者である。

20150913_01

 数ヶ月前のネタではあるが、「うらたまご」というオリジナル「グッズ」の作り方が公開された。最近、中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「秋田六千」がこの話題をシェアした結果、多くのweiboユーザーからコメントが殺到している。
引用元:新浪微博秋田六千
続きを読む

このページのトップヘ