燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

雑談

 最近、日本のネット上で、可愛い犬と猫が駒に変身したチェスセットが販売されている。数量限定品であるため、値段は2万円超えで高めではあるが、犬派か猫派かという長年続く論争に決着がつくかもしれないと話題になっている。



 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「秋田六千」はこの話題をシェアした結果、大量なコメントが殺到している。
引用元:新浪微博秋田六千 続きを読む

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「日本零距离」は、日本の可愛すぎる幼稚園送迎バスの写真をシェアし、「子供たちはますます幼稚園が好きになるだろう」と投稿した。

20150605_01

 この話題に対して、weiboユーザーの反応をまとめた。
引用元:新浪微博日本零距离 続きを読む

 最近、兵庫県南あわじ市にある「うずの丘大鳴門橋記念館」に設置されている「たまねぎUFOキャッチャー」がネット上で広がっている。取れれば、たまねぎ1個を潮風たまねぎ1.5kgと交換できるそうである。

20150603_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「秋田六千」はこの話題をシェアし、「見るだけで涙が出そう」と投稿した。それに対して、多くのweiboユーザーからコメントが集まっている。
引用元:新浪微博秋田六千 続きを読む

 6月1日は、中国の重要な祝日「国際児童節」である。子供の日のはずであるが、中国西安のメディア「華商報」は「タイムマシン」を起動し、写真加工の形で、大人たちを過去に連れ戻して、幼かった自分に会わせることを「実現」できた。
 

20150601_01
 1950年生まれの「劉玉偉」さんが双子のお兄さんと1歳の時に撮った写真である。小学校入学の時から同じクラスで、机も並んでいた。先生はよく二人を間違えたという。一人がミスを犯して先生に残らされた時、もう一人は必ず最後まで待って一緒に帰る。4年生の時、お兄さんが留年してしまって、二人は初めて別々のクラスに分かれた。1966年、劉玉偉さんとお兄さんは政策のために別々の場所に行かされた。二人とも鉄道関係の仕事に就いて定年まで働いた。今、劉玉偉さんは咸陽に住んでいるが、お兄さんは西安に住んでいる。今でもよく会うという。
 

20150601_02
 1983年生まれの「孫麗娟」さんはすでに結婚している。この写真は彼女が5歳の誕生日の時撮ったという。孫麗娟さんの話によると、彼女は子供の頃から絵が好きで、人形に服を作ったりした。その後も粘り強く頑張り続けて、アパレル関連の仕事に就いたそうである。


20150601_03
 53歳の「張希源」さんはこう言った。彼は、多くの60年代生まれの人と同じように、学校、仕事、結婚という軌跡で歩んできた。子供の頃、他の子と比べて幸せに感じたのは、誕生日を迎えるたびに、両親は彼を連れて記念写真を撮りに行く。写真に1歳の張希源さんが写った。これは、両親が彼に対する特別な愛でもあれば、彼の趣味「写真撮影」の原点でもある。両親がずっと彼に教え続けたのは、しっかり頑張って堂々とした人になるのである。
 

20150601_04
 35歳の馬力さんは西安生まれ西安育ちの人で、子供の頃から「興慶公園」へ遊びに行くのが好きで、美しい姿の写った写真もたくさん残っている。彼女は音楽やピアノなど、芸術に関することがすべて好きで、大学教師になった今でもよく歌を歌ったり、詩を書いたりして、相変わらず写真撮影が好きだそうである。
 

20150601_05
 1973年の春節に「西安電報大楼」の前で撮った写真である。写真に写った5人姉妹の上に、国の発展と建設のためによそで働いていたお兄さんがいる。5人姉妹の2番目の「張春香」さんの話によると、当時は彼女は15歳であった。6人もの子供のいる家族は、いつもうるさくて、喧嘩もよくしたが、仲は非常に良かった。昼間は喧嘩したばかりにもかかわらず、夜になったらすぐ仲直りして同じ布団に入った。「今の子は、そういう親しい兄弟愛が分からないんだ」と張春香さんは言った。5人姉妹は、その後、学校でも仕事でもずっと西安で、離れたことがない。現在、両親もご健在で、毎週の週末に、一家2、30人が集まって、非常に賑やかで幸せだそうである。


20150601_06
 北京の四合院で撮った記念写真である。この写真を撮った後すぐに、5歳の「張大猷」さんは両親について西安に来た。1951年のことであった。一緒に写ったお姉さんは北京に残って、おばあさん一家と一緒に暮らしていた。お兄さんは彼と一緒に西安に来て学校に入ったが、その後、お兄さんは秦皇島へ働きに行った。西安に残ったのは、張大猷さん一人だけだったそうである。

 大手メディア「騰訊」がこの話題を転載して記事にした結果、大反響を呼んでいる。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 日本の黒板アートは、そのクオリティーや完成度の高さで、海外でも話題になっている。学校の教室に大勢の人材が存在している。
 
20150531_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」はいくつかの作品の写真をシェアし、「日本では教室の黒板をあまり直視しない方がいい。感心して跪きすぎて膝に悪いんだ」と投稿をした。

 この話題に対して、多くのweiboユーザーからコメントが集まっている。
引用元:新浪微博小野妹子学吐槽 続きを読む

このページのトップヘ