燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

社会

 「阿美」さんは本名が「袁飛」であり、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州普安県の山奥で生まれた20歳のミャオ族女性である。かつて、阿美さんも普通の女の子と同じように元気で楽しく育っていたのであるが、15年前に起きた火災のため、彼女の人生は絶望の淵に突き落とされた。成長とともに、悩みも彼女の心の奥に根付いてしまった。
20150714_01

続きを読む

 中国四川省遂寧市大英県にある「中国死海」という塩湖は、塩分濃度が高いため死海のような浮力が体験できることで中国で有名である。そして、湖を中心に建てられたレジャー施設のプールは、夏になったら大勢の観光客が避暑のために殺到し、年々驚異のイモ洗い状態になることも有名である。

20150713_01

 2015年7月11日、四川省各地で35度以上の最高気温が観測された。そのため、中国死海は避暑ピークを迎え、8000人以上の観光客が訪れた。壮絶なイモ洗いのシーンも再び現れた。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2015年6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所(アメリカ連邦最高裁判所)は、9人の判事のうち5人の支持対4人の反対で、すべての州で同性婚を認めるべきだという歴史的判断を示した。アメリカでは州によって法律が異なるため、これまでは同性婚を認める州と違法とする州が混在していたが、今後州が同性婚を禁じる法律はすべて違憲となる。オバマ大統領はこの判決に対して「米国にとっての勝利だ」と述べた。

20150627

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2015年6月24日、中国湖北省武漢市武昌駅上海虹橋駅行きの高速列車「動車」D3048号は、午前11時22分に出発してから僅か5分後に故障が発生し、およそ2時間停車していたという。

20150626_04

 停車している間、故障のため冷房も止まってしまった。当日の最高気温は33度であり、密閉された車内は高温状態になっていた。高齢者や子供が多く、めまいなどの熱中症の初期症状が現れた人も居たため、8号車の乗客の李さんは緊急脱出ハンマーで窓を破った。

20150626_03

20150626_02

 その後、乗客の要望に応じて、乗務員は扉を開けた。あまりの暑さで線路に降りた人も居た。

20150626_01

 午後1時5分前後、故障が解消した。その結果、D3048号は約4時間遅れで上海虹橋駅に到着した。

20150626_05

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 中国安徽省合肥市の街角に、孫悟空の格好をしてスイカを販売している人が現れている。彼の名前は「朱克良」で、蚌埠市から来た普通の市民であるが、白血病にかかった6歳の男の子の父親でもある。朱克良さんの息子「龍龍」くんは、2014年の年始に白血病と診断された。それ以来、一家三人は色々な場所の色々な病院を転々してきた。一番大きな支出はやはり治療費であり、医療保険を除いた自己負担も既に50万元を超えて、多い時は一日に1万元もかかった時期もあった。家庭の経済状況はごく普通で、息子も病状が何回か危険な状態に陥ったが、諦めたことは一回もないと、朱克良さんは述べた。

20150622_01

 2014年11月、朱克良夫婦二人とも仕事をやめて、息子を連れて安徽省立病院に入院して治療を受けている。生計と治療費のために、朱克良さんは妻と看病しながら、地元からスイカを仕入れて、病院の側で露店を出してスイカの販売を始めた。息子は孫悟空が大好きなため、朱克良さんは毎日孫悟空の格好をして、少しでも息子に喜びと勇気を与えるよう頑張っている。闘病中の龍龍くんも、目の前の「何でもできる英雄と神様」に対して、「パパも気をつけて、無理しないで」と丁寧に言っている。

20150622_02

20150622_03

 病院の先生たちは、朱克良さんと龍龍くんの事情を知ったら、次々とスイカを買いに来ている。

20150622_04

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ