燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

科学

 2014年12月19日、理化学研究所はSTAP細胞の論文不正問題を巡って、東京都内で記者会見を開き、小保方晴子研究員と理研検証実験チームが個別に進めていた実験で「STAP細胞は作製できず、いずれの実験も打ち切る」と発表した。検証実験は来年3月まで行う予定であったが、これ以上の実験を続けることについて「検証実験チームの取り組むべき範囲を超える」と、検証実験チームの相沢慎一リーダーは説明した。



 一方、小保方氏は理研に退職願を出し、21日付で退職するという。理研の坪井裕理事は、小保方氏の退職を認めたことについて、「小保方氏の心労が重なっていることを考慮した」と話した。

 この事件に対して、中国人のインターネット上の反応をまとめた。 
引用元:観察者網
続きを読む

 2014年10月24日、中華人民共和国主席習近平は、タンザニア大統領キクウェテと会談した際、西アフリカ国家のエボラ出血熱対策に対し4回目の援助を行い、5億元を出資すると発表した。

20141025

 習近平主席は、「中国は積極的に国際社会と共に協力を展開し、被災国が一刻も早くエボラ出血熱に勝つよう支援する」と述べた。

 この話題に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2014年10月17日(現地時間)、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は、2例目のエボラ出血熱の国内感染を確認したと発表した。感染の拡大を受け、アメリカのオバマ大統領が、エボラ出血熱対策専門の担当官を新設し、バイデン副大統領元首席補佐官を務めているベテラン弁護士のロン・クレイン氏を任命した。クレイン氏はクリントン政権時にもゴア副大統領の首席補佐官を務めていたが、感染症対策に携わった経験がないこともあり、共和党を中心に、対応への懸念が高まっている。

20141019

 この話題に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2014年10月7日、ノーベル賞委員会は、2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇教授(名城大学)、天野浩教授(名古屋大学)、中村修二教授(米カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB))に贈ると発表した。日本人としては、一昨年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授(京都大学)以来の快挙である。

20141008_01

 受賞理由は、“for the invention of efficient blue light-emitting diodes which has enabled bright and energy-saving white light sources”となっており、青色LEDおよびこれを使用した高輝度白色光源の実現が功績として挙げられている。

 赤崎教授と天野教授は、1985年、窒化ガリウムを用いることで世界で始めて青色発光ダイオードを実現した。中村教授は、この技術を発展させ、実用化に道を開いた。

 今回の日本人研究者の快挙に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。

引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2014年9月30日(現地時間)、アメリカでエボラ出血熱の感染者が確認された。アメリカでの感染者確認は初めてである。患者は流行地であるリベリアで感染したとみられる。

20141001

 この話題に対して、中国のインターネット上の反応をまとめてみた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ