燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

教育

 2015年6月7日から6月9日、中国で2015年度の「高考(全国普通高等学校招生入学考試の略称で、日本のセンター試験と似ている全国で一斉に実施される大学入学試験システム)」が実施されている。江蘇省南京市のある試験場で、86歳の受験者「汪侠」さんは杖を突き、運転手と交通警察の支えで試験場に入った。汪侠さんの15回目の受験であった。

20150609_01

 2001年、高考の年齢制限が取り消されて以来、当時72歳であった汪侠さんは、大学に入る夢を実現するために、高考にエントリーしはじめた。その後、14年間試験を受け続けているが、合格することができなかった。今年の高考に対して、汪侠さんは「今回は十分な準備ができている。緊張しない」と、相変わらず前向きの姿勢を表した。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 中国河南省にある「南陽師範学院」の2010年度卒業生「劉佳」さんは、卒業した際に学校に「卒業証書」と「学歴証書」をもらったが、「学信網(中国教育部認定の唯一の学歴検索サイト)」で自分の身分証明書番号で検索した結果、学歴情報がなかった。そのため、就職活動中によく学歴詐称と疑われ、良い仕事に就くことができなかった。

20150424

 調査した結果、2006年入学した頃、南陽師範学院側が劉佳さんの個人情報を登録した際に、身分証明書番号を間違えて入力してしまったことが分かった。学校のいくつかの部署に問い合わせをしたが、解決することができなかったため、河南省教育庁に書面で苦情を申し立てた。

 しかし、河南省教育庁からの返信は、「学生の学籍と学歴の情報は、学校の学生募集の部署が入学時に収集した有効な個人情報に基づいて登録したのである。情報が一度登録されたら、どんな機関部門、どんな人にも、編集する権限がない。この卒業生は、学歴情報と入学時に収集された情報が完全に一致したため、編集することができない」、とのことである。

 劉佳さんは、「身分証明書番号は明らかに間違っています。なぜチェックしてくれなかったのですか。なぜ責任者が一人もいなかったのですか」と不満を表し、「貧困農村育ちのため、卒業証書は非常に重要です。学校と関係部門に解決してほしいです」と述べたが、学校側は「学校も非常に心配して焦っていますが、力になれません」とコメントを発表した。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2014年10月10日、ノーベル賞委員会は、2014年のノーベル平和賞の受賞者を発表した。カイラシュ・サティアティさん(インド)とマララ・ユスフザイさん(パキスタン)の2人が選ばれ、若者や子どもの教育を受ける権利を求めた運動が評価された。

20141011_01

 マララさんの17歳での受賞はノーベル全賞を通じて史上最年少である。

 今回のノーベル平和賞に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「日本零距离」が、中国の子供たちが日本の子供たちと一緒に給食を食べる時、日本の子供たちの姿に関する写真を投稿した。

20140921

 シンプルで安全な食材を使うこと、衛生上のためマスクや白衣を着用すること、小さなプレゼントを用意すること、牛乳のふたを開けてくれること、ゴミを分類すること、最後まで食べ切ること、歯を磨くこと、片付けを手伝うこと、等々を、写真と注釈文言で紹介された。

 「幸せですか」と聞かれたとき、日本の子供たちが一斉に「幸せです!」と答えた。中国の子供たちには、無言の子や「いいえ」と答えた子が居たという。

 「子供を育てることは、中国と日本、それぞれ事情が異なり、各家庭の生活方式も異なるため、そのまま適用することが無謀であるが、よく見て、よく学んで、よく身にけることが、一番やるべきことだ」という意見が、最後の写真の感想文に載っている。
引用元:新浪微博日本零距离
続きを読む

このページのトップヘ