燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

がん

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 中国江西省上饒市信州区に住んでいる「李麗娜」「李佳駿」姉弟は、普通の人が背負えないほどの「重荷」を担っている。乳がんにかかった母親の闘病を手伝うため、幼い二人は炎天下で三輪車に乗り、街で水を販売し、母親の治療費を集めている。一家四人は古くて暗い部屋に住んでいる。2011年、当時36歳だった母親「彭小燕」さんは服を着るとき、胸部に硬いものがあることに気付き、痛みも感じた。病院で検査を受けたら、末期の乳がんと診断された。気付くのが遅かったため、その後の数年間で再発を何度も繰り返し、転移も確認された。治療のため、家の貯金はとっくに底を突き、親戚や友人からも大量の借金をした。

20150730_01

 去年、彭小燕さんとすでに離婚した「李朋飛」さんは、彭小燕さんの病状を知ったら、戻ってきた。タクシーの運転で一家の生計を支えている。「2012年肝臓に転移して、20万元をかけて、その後落ち着いたが、今年またリンパに転移し、肺への転移の疑いもある」と彭小燕さんは述べた。現在、注射治療で病状は落ち着いているが、今後の高額な注射費用は、貧しい一家四人を苦しんでいる。

20150730_02

 13歳の姉・李麗娜さんは中学一年生で、成績は常にトップクラスである。弟の李佳駿くんは今年10歳で、まだ小学三年生である。お母さんのために何の役にも立てないと、李麗娜さんはいつも自分自身を責めている。そのため、この暑い夏、二人の子供は、自分の手でお母さんの治療費を稼ぐと決めた。「彼らが水を売りに行くと言い出したら、最初は私は反対しました。けど、『もう大きくなったから、重荷を分担したい』と彼らは言いました。私は認めざるを得なくなりました。子供がそんなに暑い日に水を売っている姿を見たら、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、彼らの気持ちも理解できます。私にこんなにいい子供がいて、満足しています」と彭小燕さんは言った。

20150730_03

 李麗娜さんは、最初は花を売ると考えたが、夏は水がもっと必要だと考えたら、弟と水を売ることにした。水を繁華街まで運ぶために、李麗娜さんは一学期の時間をかけて三輪車を漕ぐ練習をした。2015年6月から今までの1ヶ月あまりで、姉弟二人は色々なところで水を販売してお金を集めている。最初は詐欺師と疑われたり、監視員に警告されたりして、1日に2、3箱しか売れなかったが、諦めずに頑張ってきた。「お母さんのために自分の力で働いているから、どんな状況でも諦めません。お母さんが生きていてくれれば、それでいいです」と李麗娜さんは言った。

20150730_04

 現在、彭小燕さんは上饒市の病院で治療を受けている。注射治療は半分以上すぎているが、残った3回で合計7万元の治療費は未だに集めることができていない。毎日600元の看護料も大きな支出である。家庭の状況は非常に厳しい。

20150730_05

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 2015年5月31日、プロ野球千葉ロッテマリーンズの本拠地QVCマリンフィールドで、恒例の公開サプライズプロポーズイベントが行われた。

20150617_01

 このイベントは、2011年から毎年6月第1日曜日の「プロポーズの日」の前後に実施されているものである。今年、始球式プロポーズに挑戦したのは、千葉県在住の花島工真さんである。交際7年目の彼女の舘石彩は、現在がん闘病中である。2人とも千葉ロッテのファンであるが、1年前に、舘石さんに悪性骨腫瘍にかかっていることが判明した。病状がいったん落ち着いたが、1ヶ月前に再発した。舘石さんは彼氏の花島さんに「もう一緒にいない方がいい」「もう別れよう」と何回も言ったのだが、花島さんは彼女と一緒に乗り越えていくと決意した。

20150617_02

20150617_03

 花島さんが「いつも僕には支えてくれてありがとうって言ってくれるけど、正直僕は自分の方が支えられていると思っています。これからもずっと一緒にいてください。結婚してください」と告げると、舘石さんは、目に涙を浮かべながら「よろしくお願いします」と答えた。約2万5千人の観客のからの祝福の中で、花島さんは舘石さんに婚約指輪を渡した。

20150617_04

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 中国浙江省麗水市景寧県、15歳の中学1年生「張景芳」さんは、三輪車に乗り、弟を8歳の連れ、某食品加工工場へ向かっている。

20150526_01

 張景芳さんの父親「張懐純」さんは、景寧県英川鎮董川村出身で、長年温州市で働いていたが、3年前、直腸がんにかかったことが判明され、景寧に戻り、化学療法を17回、放射線療法を25回受けた。体重が急激に減り、多額の借金を負ってしまった。妻はプレッシャーに耐えられず、家出してしまった。毎月200元の生活保護を受けているが、全く足りない。病状が落ち着いているとき、張懐純さん自身も廃品回収を手伝うが、調子の悪いとき、15歳の娘が8歳の息子を連れて廃品回収を行う。

20150526_02

 現在、一家3人は10平米も行かない古い部屋に住み、家賃は毎月100元である。長年起きられないため、部屋内の匂いも強い。「米は全部優しい人から贈ってもらったものです」と張懐純さんは感謝の気持ちを表した。父親が倒れ、母親も家出したため、張景芳さんが一人で生計を担っている。

20150526_03

 張景芳さんは父親の三輪車を引き継ぎ、町で廃品を集めている。秤を持たず、大体の重さで金額を計算する。使用済みの紙やペットボトルを無料で贈る優しい人もいる。父親の昔走っていたルートに沿って、八百屋さんやスーパーマーケット、そして住宅地、毎週1回か2回回って、稼いだ20何元の収入で食料を買う。

20150526_04

 15歳の張景芳さんは、習字や絵画などの趣味を諦め、廃品回収のほか、放課後にはお姉さんだけではなく、母親の役割まで担う。洗濯、食事の準備、弟の勉強の指導、父親の介護、等々、全て一人で行う。

20150526_05

 公益団体や学校からの約16700元の援助を受けたが、高額な医療費のためまだまだ足りない。過酷な運命と向き合い、諦めずに戦っていくこの一家を応援しよう。

20150526_06

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ