燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

アート

 2015年9月20日、中国四川省成都市、28歳の女性「王香」さんは足でクロスステッチを刺している。王香さんは生まれつき両腕が不自由である。2008年からクロスステッチを始め、現在は両足で様々な図案をこなしている。一作品を完成させるには、早くて1ヶ月、長い場合には半年もかかる。成都市障碍者協会などの組織の支援で、王香さんの作品は多くの人に注目され、購入する人も増えている。

20150922_01

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 新潟県新潟市西蒲区の「わらアートまつり」をはじめ、愛媛県のJR伊予石城駅の近く鈍川の県道沿いなど、「わらアート」は日本の各地で展開している。

20150902_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「秋田六千」は日本のわらアートの話題を紹介し、たくさんのコメントが集まっている。
引用元:新浪微博秋田六千 続きを読む

 Twitterユーザー「八郎」さんが「鶏肉グラビアカメラマン」として撮影した丸鶏の写真は、その独特な世界観と価値観でネット上で話題になっている。

20150723

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」は八郎さんの作品をシェアし(写真などは元投稿のページにてご覧ください)、「モデルは全てスタイルのいい丸鶏。サンシャイン、ビーチ、郊外、田舎、観覧車、色々なところで人を魅了するポーズを取りまくっている。見た後に精神的にちょっと耐えられなかったけど、なぜかはまってしまった」と投稿した。

 この話題対して、weiboユーザーの反応をまとめた。
引用元:新浪微博小野妹子学吐槽 続きを読む

 2015年6月22日、中国遼寧省瀋陽市瀋北新区興隆台錫伯族鎮に、150もの巨大な田んぼアートが登場した。錫伯族(シベ族)の人は昔から稲で田んぼに絵を描いて祈願する伝統を持ち、田んぼアートの作品を作るには、先進的な3D技術や遠近法の技術も必要であり、色の異なる稲を使って線・平面・立体・透かしなどのエフェクトを表現しなければならないという。

20150624_01

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 Twitter上のコインタワーの達人「 た ぬ (@thumb_tani)」さんの作品を、中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」はシェアした。

20150615_01

 その超人的なバランス感覚に対して、weiboユーザーから色々な面白いコメントが集まっている。
引用元:新浪微博小野妹子学吐槽 続きを読む

このページのトップヘ