燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

サッカー

 2015月7月8日、ポルトガルのサッカースター選手「クリスティアーノ・ロナウド(C・ロナウド)」が「フジテレビ水曜歌謡祭」の生放送にゲスト出演した。ロナウド選手は最初から最後まであまりにも苦しそうな表情をしていたので、フジテレビ側に批判が殺到している。

20150710_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」はこの話題をシェアし、「C・ロナウドが全く伝わらない日本語の歌を聴かされて、人込みの中で何をすればいいのか分からなくて、イライラしそうな退屈そうな早く帰って寝たそうな顔。。。そして、下の歌詞の字幕も驚くほどぴったり」と投稿した。

20150710_02

 この話題に対して、weiboユーザーの反応をまとめた。
引用元:新浪微博小野妹子学吐槽 続きを読む

 2015年3月19日、日本サッカー協会は、27日のキリンチャレンジカップ2015・チュニジア戦と31日のJALチャレンジカップ2015・ウズベキスタン戦に臨む日本代表メンバー31人を発表した。バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣となる。

 選出された31人のメンバーは下記通りである。

★GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)
権田修一(FC東京)

★DF
酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)
酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
内田篤人(シャルケ/ドイツ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
昌子源(鹿島アントラーズ)
森重真人(FC東京)
槙野智章(浦和レッズ)
太田宏介(FC東京)
藤春廣輝(ガンバ大阪)
長友佑都(インテル/イタリア)

★MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
山口蛍(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)

★FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
永井謙佑(名古屋グランパス)
小林悠(川崎フロンターレ)
岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
興梠慎三(浦和レッズ)
乾貴士(フランクフルト/ドイツ)
武藤嘉紀(FC東京)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)


20150320

 新しいサッカー日本代表に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:新浪競技風暴記事コメント 続きを読む

 2015年2月3日、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は会見を開き、ハビエル・アギーレ日本代表監督の解任を発表し、「我々としては大変残念な結果となった。私共が一番考えなくてはいけないのは、日本代表チームへの影響です」と述べた。

20150204

 2011年5月、アギーレ監督は、スペインリーグ1部のサラゴサで監督を務めていた時、1部残留をかけたレバンテ戦で八百長に関わった疑惑が持たれていた。スペインの複数メディアでは、スペインの検察局が提出した告訴状をバレンシア地方の裁判所が受理したと報道した。大仁会長によれば、八百長についての告発が受理された事実が確認されたことが解任の理由だという。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:新浪競技風暴記事コメント 続きを読む

 2015年1月31日、オーストラリアで開催されたサッカーアジアカップの決勝戦で、開催国のオーストラリアが延長戦で韓国に2-1で勝利し、初優勝を果たした。
 
20150201

 グループリーグでも両チームが対戦した。当時0-1で負けたオーストラリアが前半45分、ルオンゴ選手のゴールで先手を取った。後半は両チームとも得点を取れず、オーストラリアの優勝になるかと思われたが、ロスタイムに韓国の孫興民(ソン・フンミン)選手が同点ゴールを決めた。延長戦前半終了間際に、オーストラリアは途中出場のトロイージ選手が決勝点を決め、最終的に2-1で韓国を破り、アジアカップでの初優勝を果たした。



 この試合に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント 続きを読む

 2015年1月23日、オーストラリアで開催されているサッカーアジアカップの準々決勝で、日本は惜しくもPK戦でUAEに敗れ、準決勝に進出できず、2連覇を果たせなかった。準々決勝での敗退は5大会ぶりである。

20150124

 前半7分、UAEのマブフート選手が先手を取り、日本は今大会の初失点を許した。その後、徐々に調子を上げた日本は後半36分、途中出場の柴崎岳選手が同点となるゴールを決めたが、同点のまま延長戦に入り、延長前後半30分でも決着がつかず、PK戦に突入した。しかし、大黒柱である本田圭佑選手と香川真司選手がPKを外し、日本は準々決勝敗退が決まり、連覇はならなかった。

 

 日本代表の敗戦に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント
続きを読む

このページのトップヘ