燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

スポーツ

 佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムの模倣疑惑について、佐野氏本人は模倣ではないと否定したが、大会組織委員会は2015年9月1日、エンブレムを白紙撤回すると発表した。

20150903

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」で、中国中央テレビニュースセンターのオフィシャルアカウント「央视新闻」がこの話題について投稿した結果、weiboユーザーからコメントが殺到している。
引用元:新浪微博央视新闻 続きを読む

 2015年8月29日、中国・北京で開催されている世界陸上選手権の男子400メートルリレーの決勝が行われ、2着でフィニッシュしたアメリカが失格となったため、9レーンを走った中国(出場者:莫有雪選手、謝震業選手、蘇炳添選手、張培萌選手)が38秒01でアジア史上初の銀メダルを獲得し、アジア新記録を打ち立てた。中国の大手メディア「騰訊」は「9レーンの奇跡」と報道した。

20150830

 100メートル・200メートルで金メダルを獲得したウサイン・ボルト選手がアンカーとして走ったジャマイカが、37秒36のタイムで4大会連続で優勝した。

 残念ながら、日本は予選でバトンパスのミスをし、決勝進出を果たすことができなかった。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント
続きを読む

 2015年8月23日、中国・北京で開催されている世界陸上選手権の男子100メートル競走決勝で、アジア勢初の決勝進出を果たした中国の蘇炳添選手は10秒06の成績で9位を獲得した。

20150824_01

20150824_02

 ジャマイカのウサイン・ボルト選手は9秒79のタイムで優勝し、2013年モスクワ大会に続く連覇を果たした。

20150824_03

20150824_04

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント 続きを読む

 2015年8月9日、ロシアカザニで開催された世界水泳選手権は幕を閉じた。心臓に違和感を感じ、最終日の男子1500メートル自由形決勝を試合直前に棄権した世界記録保持者「孫楊」選手は、「金2銀1」の優秀な成績で男子最優秀選手に選ばれ、2大会連続で男子最優秀選手賞を受賞した。授賞式で、孫楊選手は何回も「Sorry」を繰り返し、1500メートル自由形決勝の棄権についてお詫びの気持ちを表したという。

20150810

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント 続きを読む

 2015年8月7日、ロシアカザニで開催されている世界水泳選手権の第14日、バセドウ病を乗り越えて、日本人初の女子200メートルバタフライの金メダルを獲得した星奈津美選手が日本中を感動させたと同時に、中国人が注目しているのは、男子100メートル自由形でアジア人初の金メダルを獲った寧沢涛選手である。

20150807_01

 寧沢涛選手は軍人であり、爽やかな笑顔、粘り強い精神力と世界トップクラスの実力で、若手イケメン選手として人気者になり、多くの女性ファンを獲得し、ファッション雑誌にも登場した。「顔だけでも十分食べていけるのに努力している」と絶賛しているメディアもある。

 今回の世界水泳選手権の男子100メートル自由形で、50メートルの折り返しで2位だった寧沢涛選手は、後半の瞬発力で逆転勝ちを果たし、47秒84の成績で優勝した。中国国内のメディアだけではなく、テレビ朝日の生中継でも、アナウンサーやゲストたちは、「アジア人の歴史的勝利を果たした」や「中国は孫楊だけではなく、寧沢涛選手も世界トップクラスの選手に成長した」と絶賛したという。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ