2015年6月30日、ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに1号店をオープンし、多くのヤンゴン市民の注目を集めている。店頭には何時間もの長蛇の列ができた。KFCはミャンマーに参入するはじめてのアメリカファーストフードチェーン店となった。

201500703_01

 「ケンタッキーは世界で有名だから、絶対ヘルシーで栄養豊富だと思う」と、50代の男性は言った。

201500703_03

 運営側のシンガポールのヨマ・ストラテジック・ホールディングスによると、ターゲット層はミャンマーの新興中流階級で、フライドチキン2ピースセットの値段は3500チャット(約350円)だそうである。

201500703_04

 ここ数年間、ミャンマー政府は積極的に経済改革や民族和解を進め、ミャンマーは著しく発展している。ヤンゴンマンダレーなどのいくつかの国際貿易港が開放され、多くの外資系企業が進出している。

  この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む