燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

中国の話題

 中国では「当たり屋」のことを「碰瓷」と呼ぶ。

 最近、中国のネット上で、ある「碰瓷男」の話題が広がっている。中国四川省成都市のある街で、車の横で倒れてけいれんしていた中年の男に対して、駆けつけてきた医者は「もうやめて!何回も助けたんだよ!」と言った。

20150816_01

※医者「あなたは何回も『碰瓷』しましたよ。」
20150816_02

※医者「やめてくださいよ。」
20150816_03

※医者「バスの中からも何回もあなたを迎えたよ。」
20150816_04

※「先生、彼を何回も助けたのですか。」
20150816_05

※医者「そうです。病院の入り口でも彼に何回も会いました。」
20150816_06
 
 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2015年8月12日午後11時30分(現地時間)、中国天津市浜海新区にある「瑞海危化品(危険化学品)物流倉庫」に保管されていた爆発物が引火し、大規模な爆発を起こした。飛んだ火の玉が周辺の多くの企業や倉庫の「二次爆発」を起こし、半径数キロの範囲内で地面の振動を感じたという。

20150813_01

 中国メディアの報道によると、少なくとも17人が死亡し、400人が病院に搬送された。そのうち、6名の消防士の死亡も確認された。周辺はほぼ廃墟になり、多くの建物や自動車が全焼、全壊した。8月13日の朝になっても鎮火されずに燃え続けている状態だという。

 この事故に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事1記事2記事3コメント 続きを読む

 2015年8月10日、中国浙江省嘉興市嘉善県経済開発区にある某テクノロジー系会社のビルの屋上で、男女28人が集団飛び降りという極端な手段で会社との労働紛争の解決を図った。

20150812_01

 「集団飛び降り」は地元の公安、消防、救急、及び労働部門を驚かせ、消防士はエアクッションまで設置した。労働部門のスタッフが説得した結果、協議で解決することになった。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2015年8月9日、ロシアカザニで開催された世界水泳選手権は幕を閉じた。心臓に違和感を感じ、最終日の男子1500メートル自由形決勝を試合直前に棄権した世界記録保持者「孫楊」選手は、「金2銀1」の優秀な成績で男子最優秀選手に選ばれ、2大会連続で男子最優秀選手賞を受賞した。授賞式で、孫楊選手は何回も「Sorry」を繰り返し、1500メートル自由形決勝の棄権についてお詫びの気持ちを表したという。

20150810

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊体育記事コメント 続きを読む

 アメリカの画像アップロードサイト「Imgur」で、ある親子のモノクロ写真が話題になっている。1986年から、この親子は毎年同じ姿勢で、自分たちの成長の軌跡を残している。

 息子が生まれて、成長して、父親は息子を抱けなくなって、そして、息子は父親の身長を超えて、父親をおんぶできるようになった。親子愛は二人のボディランゲージで余すところなく表現されている。息子が10歳前後の時、少し恥ずかしがる様子を見せたが、その後、抱擁することで親子の切れない絆を表している。

 この写真は、人が生まれて大人へ向かう軌跡を表すと同時に、成長の中で家族が側にいることはどんなに幸せなのかを説明してくれた。

 そして、2015年に撮った写真に、新しいメンバーの姿が現れた。新しいメンバーの加入で、写真の雰囲気がより温かくなった。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ