燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

動物

 Twitterユーザー「八郎」さんが「鶏肉グラビアカメラマン」として撮影した丸鶏の写真は、その独特な世界観と価値観でネット上で話題になっている。

20150723

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」は八郎さんの作品をシェアし(写真などは元投稿のページにてご覧ください)、「モデルは全てスタイルのいい丸鶏。サンシャイン、ビーチ、郊外、田舎、観覧車、色々なところで人を魅了するポーズを取りまくっている。見た後に精神的にちょっと耐えられなかったけど、なぜかはまってしまった」と投稿した。

 この話題対して、weiboユーザーの反応をまとめた。
引用元:新浪微博小野妹子学吐槽 続きを読む

 2015年7月16日、中国江蘇省南京市霊谷寺で、数万匹の蛍が乱舞し、星空のように輝き、夏の夜の美しい風物詩になっている。

20150719_01

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 今年、タイ北部のプレー県では、降雨量の不足などで干ばつが続いている。そのため、プレー県のある村では、ドラえもんを使って雨乞いの儀式を行った。

20150630_01

 本来の伝統は、黒猫を籠に入れて担ぎながら水をかけ続けるという儀式であるが、動物虐待の指摘を受け、猫の代わりにドラえもんのぬいぐるみを使うことになった。

 ドラえもんは今までの黒猫と違ったせいか、雨の神様を喜ばせることができなかったようである。ドラえもんを使って5つのエリアで儀式を行ったが、結局雨は降らなかった。ただ、「雨乞いはうまくいけなかったが、楽しくて癒された」と村民たちは感想を述べた。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2015年6月22日、世界的な人気を集めていた、和歌山電鐵貴志川線貴志駅の三毛猫の駅長「たま駅長」が亡くなった。16歳だった。たま駅長は、乗客数の増加、観光のアピール、経済の成長などに大きく貢献した。その功績をたたえ、和歌山電鐵は28日に社葬を営む。

20150625_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」はこの内容をシェアした。多くのweiboユーザーからコメントが集まっている。
引用元:新浪微博小野妹子学吐槽 続きを読む

 最近、Twitter上で、愛猫家たちが気に入ったの「にゃんガルーパーカー」が広がっている。カンガルーのように猫をお腹に入れることができ、猫じゃらしも付いている。

20150621_01

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「小野妹子学吐槽」はこの話題をシェアし、「俺様がファーストクラスに乗ってる!という気分のネコ星人」と投稿した。それに対して、多くのweiboユーザーからコメントから殺到している。
続きを読む

このページのトップヘ