燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

安倍晋三

 中国大手メディア「騰訊」は、APECに出席している安倍晋三首相が北京市内の北京ダック名店「大董烤鴨」で北京ダックを味わったと報道した。安倍首相がすぐそばに立って、職人が北京ダックを切り分ける姿を観賞している写真も公開された。

20141111

 この報道に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2014年11月7日、中国の楊潔篪(ようけつち)国務委員と日本の谷内正太郎国家安全保障局長は北京で会談を行い、日中首脳会談の前提となる「日中関係の改善に向けた話し合いについて」と題する合意文書を発表した。日中双方は下記4項目を合意することができたという。
 (1)日中の戦略的互恵関係を発展させていく。
 (2)歴史を直視し、両国関係に影響する政治的困難を克服することで若干の認識の一致をみた。
 (3)尖閣諸島など東シナ海の海域で近年緊張状態が生じていることに異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて、危機管理メカニズムを構築し、不測の事態を回避する。
 (4)政治・外交・安保対話を徐々に再開し、政治的相互信頼関係の構築に努める。

20141108

 今回の会談の結果に対して、中国人のインターネット上の反応をまとめてみた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2014年10月20日、安倍晋三総理大臣は、政権基盤の安定化を優先させるため、小渕優子前経済産業大臣と松島みどり前法務大臣の「ダブル辞任」という形で早期の事態収拾に踏み切った。

20141021

 小渕優子氏の政治団体が開催した観劇会の収支が大きく食い違っている疑惑が指摘されていた問題で、小渕氏は「国民の理解を得るのは難しい」と判断し、辞表を提出した。一方、松島みどり氏は自身のイラストや名前が入ったうちわを選挙区内で配ったことが寄付行為にあたると国会で追及されたことを受け、「安倍内閣の国政を一日も停滞させたくない」と述べた。

 安倍総理大臣は、「2人を任命したのは私であり、任命責任は首相である私にある。国民に深くおわびを申し上げる」と自らの責任を認めて謝罪した。

 2012年12月発足の第二次安倍内閣で、不祥事による閣僚辞任は初めてである。9月3日の内閣改造の目玉とした女性閣僚のうち、2人が僅か1ヶ月半で辞任し、政権運営に深刻な打撃となる。

 この件に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。

引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ