燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

戦争

 2015年9月19日未明、安全保障関連法は、参議院本会議で自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で、148票対90票で可決され、成立した。

20150919

 中国の大手メディア「騰訊」は安保法案の概要や審議の流れなどを報道し、最後に、「安保法案が可決されれば、すべてが変わる。日本は、自国が攻撃されたとき反撃して自衛するだけではなく、誰にも侵犯されない場合にも手を出すことが許された。自ら出動し仲間を支援することまで許された。要するに、自衛隊は地域制限を受けずに、地球範囲内を駆け回ることが可能になった。日本の平和憲法は死に直面する」と意見を表明した。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2015年8月30日、東京・永田町の国会議事堂前や周辺で、参議院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民団体などが大規模な集会を開いた。主催者側の発表によると、参加者は約12万人で、安保法案をめぐる抗議行動では最大である。

20150831

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2015年5月14日、首相官邸で開かれた臨時閣議で、自衛隊活動の拡大を図る「安全保障関連法案」が決定された。集団的自衛権の行使が可能になり、自衛隊の海外活動も飛躍的に拡大される。安保関連法案は、自衛隊法など10本の改正案を一括した「平和安全法制整備法案」と、新法の「国際平和支援法案」で構成されている。

 それに対して、反対する市民らが首相官邸前で抗議集会を開いた。

20150515_01

 中国の大手メディア「騰訊」はこの話題を報道し、大きな波紋を呼んでいる。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 アメリカ政府は2014年9月12日(現地時間)、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」に対する空爆を拡大させることについて、「戦争状態だ」との認識を初めて示した。
 
 ホワイトハウス・アーネスト報道官は、「アメリカがアルカイダと戦争状態であるのと同じように、アメリカはイスラム国と戦争状態にある」と述べた。



 この宣言に対して、中国のインターネット上の反応をまとめた。
引用元:新浪軍事記事コメント
続きを読む

このページのトップヘ