燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

旅行

 2015年9月5日、「第13回紅棗文化節(ナツメ文化祭)」は、中国河南省鄭州市で開幕した。現場では、ある「巨大なナツメ」が人々の注目を集めている。この巨大ナツメは、10数名の職人が8万粒のナツメを使って作ったもので、高さが4.6メートルだという。

20150906_01

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 アニメ「ちびまる子ちゃん」放映25周年と、エスパルスドリームプラザが運営する「ちびまる子ちゃんランド」開館15周年を記念し、静岡鉄道静岡清水線は「ちびまる子ちゃんラッピング電車」の運行を行っている。運行期間は2015年7月27日からの約1年間の予定である。

20150819_01

 桃色にフルラッピングされた「ちびまる子ちゃんラッピング電車」の車両にまる子やたまちゃんなどの主要キャラクターが登場し、新静岡駅の待合室に記念写真撮影用のパネルも設置されている。

 中国のミニブログサイト「新浪微博(ウェイボー/weibo)」の人気アカウント「日本零距离」はこの話題をシェアした結果、中国人ファンの中で大反響を呼んでいる。
引用元:新浪微博日本零距离 続きを読む

 2015年7月16日、中国江蘇省南京市霊谷寺で、数万匹の蛍が乱舞し、星空のように輝き、夏の夜の美しい風物詩になっている。

20150719_01

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 中国四川省遂寧市大英県にある「中国死海」という塩湖は、塩分濃度が高いため死海のような浮力が体験できることで中国で有名である。そして、湖を中心に建てられたレジャー施設のプールは、夏になったら大勢の観光客が避暑のために殺到し、年々驚異のイモ洗い状態になることも有名である。

20150713_01

 2015年7月11日、四川省各地で35度以上の最高気温が観測された。そのため、中国死海は避暑ピークを迎え、8000人以上の観光客が訪れた。壮絶なイモ洗いのシーンも再び現れた。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 イギリス日刊タブロイド紙「デイリー・ミラー」のニュースサイト「mirror.co.uk」は、中国広西チワン族自治区の世界的な観光名所「桂林」にある鍾乳洞「芦笛岩」を紹介した。

 芦笛岩は深さが240メートルで、1.8億年前から存在していると言われ、の時代の792年から1200年以上にもわたり観光客に人気のスポットとなっているそうである。ルビーレッド、サファイアブルー、エメラルドグリーンなど、照明に照り映えて洞窟内で虹色の美しい景色が広がり、鏡のように透き通る地底湖の水面に逆さまに映っている。

20150616_01

 撮影したのは53歳のアメリカ人写真家「Scott Graham」氏である。Scott Graham氏は、「今まで行った中で一番雄大な洞窟だった」と絶賛した。

 この話題に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ