燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

理研

 2014年12月19日、理化学研究所はSTAP細胞の論文不正問題を巡って、東京都内で記者会見を開き、小保方晴子研究員と理研検証実験チームが個別に進めていた実験で「STAP細胞は作製できず、いずれの実験も打ち切る」と発表した。検証実験は来年3月まで行う予定であったが、これ以上の実験を続けることについて「検証実験チームの取り組むべき範囲を超える」と、検証実験チームの相沢慎一リーダーは説明した。



 一方、小保方氏は理研に退職願を出し、21日付で退職するという。理研の坪井裕理事は、小保方氏の退職を認めたことについて、「小保方氏の心労が重なっていることを考慮した」と話した。

 この事件に対して、中国人のインターネット上の反応をまとめた。 
引用元:観察者網
続きを読む

 2014年9月12日、神戸市にある理化学研究所発生・再生科学総合研究センターと先端医療センター病院は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜の細胞を、目の難病「加齢黄斑おうはん変性」の患者に移植する臨床研究の手術を行ったと発表した。
 理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーらが移植用細胞の作製を、先端医療センター病院の栗本康夫眼科統括部長らが移植手術を担当した。

20140913

 この話題について、中国人のネット上の反応をまとめてみた。
引用元:観察者網
続きを読む

このページのトップヘ