燃えろ!China - 中国の反応

【海外の反応★情報まとめ】色々な話題や出来事に対して、中国人はどう思っているの?

銃撃

 2015年8月26日朝(現地時間)、アメリカバージニア州のショッピングセンターで、地元テレビ局「WDBJ7」の生中継中に、女性リポーターと男性カメラマンが銃撃され、2人とも死亡した。

20150827

 死亡したのはリポーターの「アリソン・パーカー」さんとカメラマンの「アダム・ウォード」さんで、インタビューを受けていた女性も負傷している。

 銃撃したのは、同じテレビ局に勤めていたが2年前に解雇された「ベスター・フラナガン」容疑者である。現場から逃走したが、警察に囲まれ銃で自殺した。警察などによると、フラナガン容疑者は、死亡したリポーターが「人種差別発言をした」などとFacebookに書き込んだことがあり、テレビ局やリポーターに恨みを抱いていた可能性があるという。

 この事件に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

 2015年1月9日(現地時間)、フランスの風刺週刊紙「シャルリ・エブド」を襲撃した容疑者グループが立てこもったパリ北東約40キロのダマルタンアンゴエルの印刷会社と、パリ東部ポルトドバンセンヌ付近のユダヤ教食料品店に、仏特殊部隊がほぼ同時に突入した。

20150110_01

 その結果、立てこもった3容疑者が全員死亡したが、食料品店の人質4人も犠牲した。ほかの人質4人も重傷を負った。

 この事件に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント
続きを読む

 2014年1月7日(現地時間)、フランス・パリ中心部にある風刺専門の週刊紙「シャルリ・エブド」の本社で、覆面をした3人の男が銃を乱射し、編集者、警官、著名な風刺画家などを含め、合計12人を殺害した。

20150108

 「シャルリ・エブド」は4年前、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したため、今回のテロはイスラム教をめぐる風刺画への報復との見方が出ている。

 この事件に対して、中国のネット上の反応をまとめた。
引用元:騰訊新聞記事コメント 続きを読む

このページのトップヘ